葬儀は川口市内の家族葬専門の葬儀社にお願いしました。

ビジネスに役立つニュースまとめます。

血縁を深く感じた母の家族葬

血縁を深く感じた母の家族葬

高齢で寝たきりになっていた母が亡くなり、家族葬を執り行いました。
葬儀は川口市内の家族葬専門の葬儀社にお願いしました。
家族葬は本当に家族だけなので、落ち込んでおりながらもちょっとした小さなことで笑いがおきたり、気遣いも、わざとらしくなくできるのでやはりリラックスしたムードだったと思います。

悲しみの度合いに差がないというか、みんな同じだけの思い出と同じだけの気持ちでいるので誰々がどんな様子だなどと変に気になることがなく、思う存分悲しむことができて、ほか参列の血縁者とも分かち合えるのでとても気が楽でした。
見栄を張る必要もないのでとてもよかったです。
とにかく気が楽だということ。
血縁者なので、なにか無礼なことがあっては。。と心配することなく思う存分故人を思う気持ちに集中でき、それを共有できること。
それから家族の絆も再確認できると思います。

久しぶりに会った親戚も、ああ血が繋がっていてみんな家族なんだなぁと、不謹慎かもしれませんが、婚礼など、お祝いの場よりもそれを強く意識するきっかけとなりました。
規模が小さいのでお金の心配をしなくていいのもよかったと思います。